お花に囲まれた可愛いお家に乙女気分全開!小さな街でのんびり癒されピクニック♪

山に興味のなかった30代女子がお届けする、新発見!女子バンフ!!
山に興味があっても無くても女子が楽しめるような、気楽で面白い?おすすめ情報をお届けします!

突然ですが、皆さん海外旅行をすると、人が多すぎて可愛い街並みを写真に残せない!とか、日本でも有名すぎてすれ違う人がみんな日本人で海外感ゼロッ!なんてことありません?
実はバンフの街も日本人も含めて世界中から観光のお客さんがくるので、山の中なのにすっっっごく賑やかなんです。その分お店もホテルも充実してるんですが、せっかくカナダの自然いっぱいの山の中に来たんだから、静かに過ごせる場所にも行きたいって思いませんか?さらにできれば可愛いものに囲まれて癒されたいとか思いませんか?そんな願いを叶えてくれる街がありました!その名も「フィールド」と言います。

この町はバンフから車で約1時間と比較的近くにあるんですが、観光にくるお客さんがほっっっとんどいません!町の入り口に観光案内所があるのでそこに立ち寄る人はいますが、その人たちは周辺の湖や滝を見に行ってしまい、街をぶらつくことはないんです。
というのも、この街、貨物列車の中継地として存在していて、観光する場所がほとんどないんです。なので町を歩いていてもまず日本人に会いません!ほとんど地元の人しか歩いていないので、と~ってものんびりしています。

だけど周辺のハイキングコースを目当てに時々お客さんが来るようで、宿泊施設やレストランは小さいながらもありました。たしかにショッピングしたりはできないし、ここまで聞くとつまらなさそうですけど、、、、

この街、とっっっっても建物が可愛いんです♪
どこも絵本の中のような雰囲気で、ぶらぶら歩いてるだけで乙女気分全開になります!家の中からベスト着たうさぎさんとか出てきそーー!!

実はここ全部B&Bなので、泊まることも出来るようです。この日は時間がなかったので中を見せていただくことができなかったんですが、後でネットで調べたら中はロッジ風の部屋もあればモダンな部屋もあったりと、どこも快適そうでした♪

もともと天気が良かったので湖の周りでピクニックしようと思っていたんですが、急遽予定を変更して街の一角にピクニックスペースで食べることに。
ぽかぽか陽気が気持ちいい~
冷蔵庫でしなびる直前のレタスとハムだけを挟んだサンドイッチがなんだかごちそうに見えました。

可愛い街の写真撮りながらランチはこの景色でピクニックって、テレビの旅コーナーとかでやってそう!もうここまでくるとタレントさん気分になってきました(笑)心なしか歩き方もそれっぽくなったりしちゃったり…
着てるものはプチプラコーデだし、ほとんど化粧なんてしてなかったけど誰も見てないから関係な~い♪

ニューヨークみたいな都会でのショッピングや高級レストランでの食事も憧れるけど、たまにはお化粧もほどほどにラフな格好でのんびりリフレッシュする旅行もありかも!!