【コラム:女子バンフ】夏シーズン終了!今年の夏を振り返りつつ、その時々の1番の見どころを紹介!(前編)

ガイドブックでは教えてくれない!?地元に住んでいる女子だからこそわかる旅のお役立ち情報をお届けします新発見!女子バンフ!!
カナディアンロッキーの19‘春~秋の観光シーズンがついに終了しました!12月からは長~~~い冬の始まりですよー。もうすでに始まってるんですけどね。現在外気温-13℃ですよ…。
で、ここで、旅行を計画している人は疑問に思うはず。「季節が違うと何が違うの?」って。
これが全っっっ然違います!旅行で1番大事な「出来ること」「見れるもの」が全然変わってくるんです!!
なので今日は、春~秋シーズンを振り返りつつ、ロッキーの季節とその時期の観光の見どころをそれそれ紹介していきます!

【5月:上旬までスキー場開いてます!青い湖を楽しみたいなら下旬から!!】
上旬はまだ冬!スキー場が5月上旬まで開いてるのでスキー、スノボ好きの人はGWに暑い日本から抜け出してバンフで雪を楽しむのもアリ!
中旬ごろから標高の低い山の雪や低い場所の湖の氷がだんだん解けてくるけど、ガイドブックに載っている代表的な湖は凍って真っ白な場所もまだまだ。特に今年はなかなか暖かくならず、まだまだダウンコートが必要でした。それでも、ところどころに可愛いお花がちらちらと咲き始め春の気配も。
そして、5月のおススメはなんといっても毎年5月最終週オープン予定のペイトー湖!雪解け直後のペイトー湖は紺碧に近い深い蒼なんです!この色が見られるのは約2週間とかなり短い間で、暖かくなるにつれてだんだんエメラルドグリーンになっていきます。深い蒼のペイトー湖が見たいなら5月下旬に来るべし!!
大人気のモレーン湖も5月下旬にオープンしますが、まだまだ凍ってるのでモレーン湖見たい人はもう少し待った方がいいですよー!

今年5月のモレーン湖はこんな感じにでした。
こっちの色が好き?5月のペイトー湖
それともこっち?7月のペイトー湖

【6月:中旬からはクマとお花畑シーズン!】
湖の氷がほとんど解けてきて観光シーズンがスタートする時期!でも上旬はまだ一部凍ってる湖もあるので注意。。。大人気のモレーン湖は中旬過ぎれば解けきってるかなぁくらい。
また、6月上旬から7月上旬はクマシーズン!この時期が1年の中で1番クマを見られる確率の高い時期なので、動物好きな方は狙い目の時期!!今年も 1日で4回見られたツアーもありました!もちろん見るのは車の中から安全に観察するし、歩いて移動するような場所ではガイドがクマがいるような場所にはご案内しないので安心ですよっ♪
そして6月はお花畑ハイキングができるようになる時期でもあるわけで。特に山一面が黄色のお花で埋め尽くされるハイキングコース「ヒーリーメドウ」へ行くなら6月中旬から遅くても7月上旬に!大感激間違いなし!このころは太陽が出てる日中なら薄手の長袖1枚でOK。ただ、日本の梅雨ほどではないけど雨が降りやすい時期なのでハイキングしたい人は特に持ち物に注意です。

このお花が…
一面にぶわーーーーっ!!!
6月のこぐまちゃんはよちよち歩きでホント可愛いっ!

【7月:さわやかな夏到来!アウトドアの遊びが最高に気持ちがいい時期!】
大迫力のタカカウ滝が毎年7月上旬にオープンして、ようやくバンフ周辺のすべての観光地がオープン!真っ青な湖に切り立ったカナディアンロッキーの山々。「これぞカナディアンロッキー!」な景色が広がって本格的に観光シーズン突入の時期です!(その分観光の世界中の観光のお客様でにぎわう時期でもあります…。)
日中は半袖でも過ごせる日が出てくるので、湖でのんびりカヌー体験したり、乗馬体験で森林浴を楽しんだり、サイクリングでロッキーの風を感じちゃったり、なんていうのもこの時期から8月下旬がおススメ!

カヌーをするもよし。
のんびりするもよし。
どこへ行っても気持ちいい!

なんだか長くなっちゃいそうなので、8,9,10月はまた次回の記事にします!
つづく!!
※観光地のオープン時期、クローズ時期、湖や動物など自然の様子は平均的なものであり、その年によって大きく変わることもあります。「こんなはずじゃなかったー!」を避けるために、旅行前に必ずその年の状況をお調べくださいね!