【コラム:女子バンフ】目の前に広がる神秘の雲海は街から10分!

ガイドブックには載っていない、だけど地元民だから知っているバンフの穴場をお勧めする発見!女子バンフ!!
どこ行くか迷ったらとりあえず読んでみて~

【曇りの日は雲海チャンスですよ!】
旅行の時に一番気になるのはやっぱりお天気!こればっかりは運任せだけど、やっぱり曇っていたり雨だとテンション下がっちゃいますよね~
ところが!山に囲まれたバンフなら、それって逆にチャンスかも!!
だって周りは高~い山だらけなので、雲の上に出ちゃえばそこは一面の雲海が広がっている可能性があるんですから!
し・か・も!観光の街バンフには、お手軽に高~い山の上に行ける手段もあるんです!

【無料のシャトルバスで夏のスキー場に行こう!】
バンフの周りには有名なスキー場があるんですが、実は夏にも営業してるって知ってましたか?
スキー場にあるゴンドラやリフトを夏にも実は動かしていて、お手軽に山の上まで登れちゃうんです!
さらになんと、バンフの街からスキー場までは無料のシャトルバスが出ているから、それに乗れば車がなくたって大丈夫なんです!
親切~~

【曇りの日に一番近くのスキー場まで行ってみました。】
仕事が休みの曇りの日。ふと朝思い立ってバンフの街からシャトルバスに乗って一番近いノーケイスキー場に行ってみました。シャトルバスは街の各ホテルや駅から出ています。行きたいスキー場によって乗り場が違うので、そこは事前にチェックしたほうがいいですよ~
予約は特に必要ないのも嬉しい!

バスに乗ってどんどん山を登っていくと、だんだん空が明るくなってきた!期待しつつバスに乗って約10分。スキー場に到着しました!近い!!リフト券売り場でチケットを買い、リフトに乗り込みます。
周りに雪もないし、服も普通のデニムにTシャツとラフな姿でリフトに乗ってるってなんだか不思議な気分。
ゲレンデも青々と草木が茂っていて、空気もおいしいし、とっても気持ちいい!風を感じながらつかの間の空中散歩を楽しめました!

 

そして頂上に到着!振り返ると…
キターーーーーーー!!!
見事に雲海が広がっていました!
本当に一面真っ白な雲が広がっていて、周りの山が浮いているみたい!!
しかも街の天気が悪かったからなのか、周りにはほとんど人もおらず、とても静かに景色を楽しめました。

そのまま一人でぼーっと景色を楽しんでいると徐々に雲が薄れてきて…

30分後にはきれいさっぱり雲は消えてしましました。

【野生動物にも遭遇!】
雲海が消えてしまって、さて帰ろうかと思ったら、山の奥から何かが歩いてくる。。
よーーーく見て見ると、なんと野生のビックホーンシープのお母さんと3頭の子供たちが近づいてくるー!!!
そのまま待っていると、目の前を通り過ぎてそのままリフト乗り場に向かっていったので、急ぎつつも驚かさないように後をつけてみました。

そしたらなんと、1匹の子羊が物置(?)の屋根に上ってきたーーー!!
子羊が目の前にいるー!しかも動物園かってくらいの近さ!
驚かさないように立ち止まって見守りつつ、ちゃっかりカメラには収めさせていただきました!

雲海も野生動物も絶対見られるわけではないけど、それがなくたってお手軽に山の上からの絶景を見られるし、自然もたっぷり満喫できるし、癒し効果は抜群!しかもなんてったってお手軽!
ぜひとも夏のスキー場を楽しんでみてーーー!!!

場所:ノーケイスキー場
所要時間:1時間~(街からの移動時間込み)
費用:シャトルバス 無料
   リフト CA$37.00(大人) CA$24.00(小人)※2019年現在